<ご感想>過去の経験がストッパーになっていたと気づくことができました

====================

●お名前:高木哲也さん

●ご年齢:40代

●ご職業:会社員(飲食業)

①今回参加しようと思った
きっかけはなんですか?
参加する前は、
どんな悩みがありましたか?

やりたいことがわからず、
何かがストッパーになっている
気がしていたので。

 

②実際に参加して、感じたことや、
得られたこと、加藤あさみへの印象を
お聞かせください。

加藤先生がうまく話を
聞き出してくださいました。

幼稚園のときにお気に入りだった、
小さなマスコット人形がこわれたことが、

ぼくにとって
大きなストッパーになっていたと
気付くことができました。

 

③この個別相談会は
どんな人にお勧めですか?

ぼくのようにやりたいことがわからない人
やりたいことがあるのに、やれない人

 

===(ご感想ここまで)===

 

高木さん、
ご感想をありがとうございます(^ ^)

 

 

「心のストッパー」を
持ってしまうきっかけとなった経験は、

 

ほとんどの場合、
幼い頃の経験が元になっています。

 

「三つ子の魂百までも」

という言葉がありますが、

 

幼い頃にどんな環境で育ったか、
どんな経験をしたか、

ということが、

 

その後の人生に及ぼす影響は
想像以上に多いのです。

 

 

だからと言って、

過去の経験が元になっているなら
この先の人生も
変わらないのではないか・・・

と、悲観的になる必要は
決してありません。

 

 

小さい時の自分にとっては、

たとえ自分が辛い思いをしたり
損をしてしまうとしても、

それによって自分を守ったり
安心を得たりしていた

そして、その方法以外の
「自分を守る方法」を知らずに
ここまで生きてきてしまった・・・

 

ただそれだけなのです。

 

昔の経験によって覚えた感情が
「心のストッパー」
となってしまうのは、

 

どんなに辛い経験であっても、
すでに知っている
(経験したことがある)
ことをやるという”安心”が、

潜在意識にすっかり
刷り込まれているからなので、

 

”小さい頃からずっとやってきた方法”
ではない、

新しい方法を取り入れた方が
ずっと安心安全なのだということを、
潜在意識に働きかけることで、

 

もっと安心・安全な方法で
自分を守れるようになります。

 

潜在意識が変わらなければ、
時間が経つと、
また同じ問題が繰り返し
起きてしまいますが、

「心のストッパー」を手放すと、

自分ではわからない
潜在意識の部分から解決するので、

場合によっては、
同じ潜在意識の上に成り立っている問題を
同時に解決できてしまうのが、

他のセラピーやヒーリングとは違う
最大の特徴です。

 

体験セッションは、
ご感想をいただける方は
無料でお受けいただけます。

募集中の日程・詳細は
こちらのページからご確認くださいね!

良いと思ったらシェア!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です