カウンセラー活動にかける想い

カウンセラーになったきっかけ

 

私が心理学やカウンセリングの勉強をしようと思ったきっかけは、
今から3年ほど前。

昔から好きだった「ハンドメイド」で
本格的に起業しようと思い、
SNSでの情報発信やフォロワーさんとの交流など
取り組んでいたのですが、

ある時、いろいろな不安から
思うように進まなくなってしまいました。

 

そんな時に起業家向けのカウンセリングを受け、
潜在意識に根付いた思い込みを手放して
新しい思考を手にすることで、

起業家としても前に進むことができたし、
私生活でもストレスフリーな日々を生きられるようになりました。

 

私は、カウンセリングを通じて、
まるで人が変わったように変化成長しました。

 

その経験から、

今度は、私が誰かの人生を変えるお手伝いがしたい!と思い、
自分でカウンセリングができるようになるための勉強をしました。

(3年前からずっとお世話になっている、石坂典子さんと)

 

カウンセリングをもっと身近なものにしたい。

 

「カウンセリング」と聞くとなんだか、
精神的に病んでいる人、または病気になりそうな人が受けるもの…

そんな印象を受ける人も多いと思います。

ちょっと前までは、私もそう思っていました。

 

だから、自分には関係ない。必要ない。

そう思いがち。

だけど、実際はそうじゃない。

 

私のおこなうカウンセリングは
予防医学のような位置付けにあるもの、
と思っています。

 

心のあり方を整える習慣を日常に取り入れて
身体だけでなくメンタルの面でも
健康を維持できるように、

それでも、心が弱ってしまったときや
医師のような専門家のチカラが必要となったときには
すぐに然るべき場所にかかれるように、

日頃から準備しておくことが、
本当は大事なんです。

 

私はこの
ステージアップカウンセラーとしての活動を通して、

カウンセリングやココロのメンテナンスを
もっと身近なものにしたい。

 

欧米では、日頃のメンテナンスとして
カウンセリングなどを受けるという習慣が
すでに浸透しています。

 

しかし日本では、
そういう考えがまだまだ浸透していません。

うつ病にしたって、根性がないからだ、我慢が足りないからだ・・・
などと言われてしまうこともあります。

私もかつてうつ病になったとき、
知人にそう言われたことがあります。

理解してもらえなくて、とても悲しかった。

 

だから私は自分の活動を通じて、

そういう世の中の歪んだ認識を変えていきたいんです。

 

日本ではまだまだ精神的論で片付けたがる傾向があります。

“サービス残業” “社畜”などのコトバなんて、いかにもこの国らしいですよね。

だから、
本当はカウンセラーやお医者さんのチカラを借りたいのに、
弱い人間だと思われたくなくて、

最悪の結果は、追い込まれて自死を選んでしまったりする。

 

昭和の高度成長期なら
精神論でも良かったかもしれませんが、

時代は平成も終わり令和。

 

私たちの世代が社会を支えていくこれからの日本では、
そんな考えはもう古い。

 

定期的に健康診断を受けたり
体に良いものを食べたりして
身体のメンテナンスには気を遣っている人は多いのに、

なんで、
ココロのメンテナンスに気を遣う人は
こんなに少ないのか?

不思議でなりません。

 

私は、カウンセリングを通じて、
ココロのメンテナンスを
これからの日本の当たり前にしていきたい。

 

そして、人生に絶望して自死を選んでしまう人を、
この国から、ひいては世界中からなくしたい。

 

そんな想いを持って、活動しています。

 

あなたの想いを聞かせてもらえませんか?

 

あなたが今悩んでいること、
叶えたいこと、

聞かせていただけると嬉しいです。

 

LINE公式アカウント(LINE@)で、
オンラインサロンを始めました!

登録いただくと、
●チャット機能を使っての簡易お悩み相談(原則24時間以内に返信します)
●有料セッションをメンバー特別価格で受けられる
●サロンメンバー限定のブログ記事や配信動画の閲覧
●メンバー限定イベントの参加権利
●その他、有益な情報を受け取れる

これらの特典が全て<無料>で使い放題!

あなたが損することは1mmもありませんので
ぜひ、登録してくださいね♪

 

ご登録は、こちらから♪
↓↓↓
友だち追加

良いと思ったらシェア!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です